【才能開花マガジンvol.4】スピリチュアル能力ゼロから成果が出るヒーラーになるには?(後篇)

こんにちは、城間です。

前回の記事は見ていただけたでしょうか?



前回はスピリチュアル能力ゼロから
成果が出るヒーラーになるために、

  • どうすればエネルギーを使えるのか?
  • 成果が出るヒーラーと
    成果が出ないヒーラーの違い

についてお話ししました。



簡単に説明すると、
エネルギーは誰でも使えるもので、
人は祈る時にエネルギーを送っています。



ヒーラーが行う「人を癒す」という行為は、
祈り(エネルギーを送ること)によって、
相手にポジティブな変容を起こすことです。



しかし闇雲に祈るだけではダメで、
相手がエネルギーを受け取れるように
その人の状況を読む必要があります。



それをリーディングといい、
相手が今抱えている原因にピンポイントで
エネルギーを送ることで問題を早く解決します。


つまりリーディングができるかどうかが
成果が出るヒーラーと成果が出ないヒーラーを
分ける違いということです。


ここまでが前回の内容でした。



もし、まだ前回の内容を見ていない方は、
こちらからご覧ください。



でも、リーディングができて、
エネルギーを使いこなせたとしても、

本当の意味で成果が出せる
ヒーラーにはなれません。

ではどうすればいいのか?



今回の記事では、

  • 本当の意味で
    成果が出せるヒーラーとは?
  • 成果を出すために
    どうすればいいのか?

についてお伝えしていきます。



これを知ることで、
成果が出るヒーラーとしてはもちろん、

人生を豊かにする重要なヒントを
得られるはずです。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

本当の意味で成果が出せるヒーラーとは?

リーディングができて、
エネルギーを使いこなせれば、
成果につながるのは確かです。

でも、そこで見られる改善は一時的なもので、
最終的にはヒーリングを受けている本人に
治す意志がなければ完全には治りません。



つまり、本当の意味で
成果が出せるヒーラーとは、

エネルギーによるヒーリングだけでなく、
相手が自立できるように導ける人なのです。



では、どうすれば
相手を導けるヒーラーになれるのか?



そのために必要なのが、

・自分を癒しきっていること

・相手を信じて関わること

この2つです。

相手が自立できるよう導くには

ヒーラーの役割は、相手が
自分自身の力で心や体を元気にできるよう
サポートすることです。



なので、自分のエネルギーを与えて
相手を癒そうとするのは
本来のヒーラーの役割とは違います。



それは前回お伝えした念力になり、
相手にとっては自立を妨げる
「邪魔なもの」になってしまうのです。



相手を癒す一番いい方法は、
ヒーラーが自分自身を癒している状態で、
相手を癒すことです。



自分を癒している状態の人を目の前にすると、
相手もその状態(波動)を感じ取って

「あなたが自分を癒す波動でいるなら、
私も同じように自分を癒す波動になろう」

という共鳴が起こります。



これは特別なことではなくて、
たとえば図書館など静かな場所に行くと
「静かにしよう」って思いますよね。


それと同じで、人はその場所や
一緒にいる人の状態に影響を受けたり、
合わせようとしたりするのです。



ですから、ヒーラーの癒す力は、
自分自身を癒せているレベルに比例して
相手を癒す力も上がっていきます。



つまり、自分の癒しが十分でないと、
相手を癒すことが難しくなるということですね。



また、これは僕のセッションを受けられた
お客さんに共通する話でもあるのですが、

開花させた能力を伸ばすには、
自分を癒すことが重要になります。



言い換えると、せっかく能力を開花させても
自分を癒せていないと能力は伸び悩んでしまうのです。



僕はセッションを通して、
人の能力を開くことをやってきましたが、

そのことに気づいてからは

「自分を癒せないと、能力は伸び悩みますよ」

ということを正直にお伝えし、
自分自身を癒せるようになるサポートをしています。



ちなみに、自分を癒す方法としては、
大きく分けて

『体の浄化』と『セルフヒーリング』

の2種類があります。


まずおすすめしたいのは
体の浄化で、こちらは

鼻うがい、掃除、お風呂など、
普段からやっていることや
体感を得やすいものが多いです。

すぐに取り入れられると思うので、
ぜひ、自分を癒す意識でやってみてください。



セルフヒーリングの方は、
エネルギーを使うので説明が難しいのですが、
こちらもおすすめのものがあります。


僕の公式LINEに登録されている人は、
特典として無料ヒーリングを
いつでも受けられるようになっていて、

『無条件の愛のヒーリング』というのが
LINEのリッチメニューの中にありますので、
そちらをぜひ活用してみてください。

受け取ると意図するだけで
ヒーリングが流れるようになっています。


癒しは「1回やったら終わり」ではないので、
習慣化し、毎日続けて自分を癒しきりましょう。

 成果が出るヒーラーになるために大切なこと

そしてもう一つ、
相手を導いていくために

『相手を信じて関わること』

これは絶対に外せません。



繰り返しになりますが、
ヒーラーの役割はあくまでサポートであって、

最終的には、その人が
「自分は治る」と強く決意して
自分自身で乗り越えていかなければなりません。



しかし、苦しい時、辛い時に
強く決意するのは難しいものです。



僕自身、
「エキサイティングでおもしろい人生を送る」
と決意したものの、

WEBコンサルタントとして独立した当初は、
繊細で傷つきやすい性格から営業活動ができず、
売上を全く上げることができませんでした。



売上を上げる為に
営業の教材を購入したり講座に参加したり、

繊細な性格を克服しようと
コーチングやカウンセリングも受けてみました。



ですが何をやっても上手くいかず、
経済的にも不安定な状況に陥ってしまい、

「独立しないほうがよかったのか」

ネガティブな思考になったこともあります。



でも、エネルギーと出会い、
苦しい時期を乗り越えて、
今では多くのお客様を抱えるようになりました。



この「苦しい時期を乗り越えた」という経験から

今、目の前にいる人も
必ずできるようになる
本来の輝く姿へ変われる


と信じて一緒になって乗り越えていく、

それが、相手を信じるということです。



そのためにやることって、
案外、エネルギーを使うことではなく、

相手が自立できるような言葉をかけたり、
自分の苦しかった経験を語ることだったりします。



なので、適切な言葉をかけられるよう、
相手のことをよく見ないといけませんし、
泥臭く関わっていかないといけません。



それって、すごく大変なことですし、
僕もまだまだできていないなって感じます。


城間

泥臭く関わることに
逃げてしまう時もありますが
日々、挑戦しています!



継続してセッションを受けてくださるお客様には、
成果が出るようサポートするために記録をつけたり、
できることは何でもやろうと力を尽くしています。

ですが、関わり方を間違えてしまい、
途中で離れていったお客様もいました。

その時の後悔から、

「次は絶対に同じミスはしないようにしよう」

と心に誓い、
人と泥臭く関わっていこうと決めたのです。

もちろん、多くの人と関わっていたら
そういったこともあるでしょうし、

全員を導いていくのは無理だと考えるのが
普通の感覚なのかもしれません。



でも、僕は

『日本中の人々が、
 本来の自分の才能を見つけ、
 開花させワクワクしていける』

そんな社会を創りたいと思っているので、
そのためにも、一人ひとりと向き合うことに
チャレンジしていきます!



今日の話を聞いて、

「自分もそんなヒーラーを目指したい!」

と思っていただけたら嬉しいです。